パスコで知らんけど

昨晩はアリシアの森の県人会で今月は千葉県人会でした。千葉県在住の方はもとより遠くは沖縄からも参加してくださり和やか&爆笑の2時間でした。アリシアの森の正式名称には頭にCCC(クリスチャン カルチャー コネクションズ)が付いています。独特なのはクリスチャンであるわけですが、これは単にクリスチャンの自己満足推進プロジェクトではありません。僕もクリスチャンなわけですが、僕はクリスチャンが活発になることは地球にとってプラスだと考えています。昨今の旧〇〇〇〇問題がメディアで日々取り上げられている昨今では、こういう考え方も主教的でカルトっぽい!なんて思われてしまうのかもしれません。

日本では無宗教であることが意識高い系みたいな感じもあるかもしれませんが、それって個人の価値観が主であるということなので、一旦物事が勃発した時にはカオスになるか全体主義に陥る危険性をはらんでいると思います。海外の方から見ると無宗教の人たちは生活規範や姿が見えにくく怖く感じる面もあるのではないかと思います。

なのでひとまずクリスチャンというカテゴリーに入っている人であればある程度のイメージはできます。もちろん良いイメージと悪いイメージを比べたら悪いイメージの方が多いのかもしれません。確かにキリスト教が行ってきたこれまでのことや現在の世界の状況などは、クリスチャンとしてきちっと受け取らなければいけないことと思っています。

しかし神が存在するとして、その神が被造物を「はなはだ良い」とおっしゃった(創世記)。そしてそれらを支配するようにと人間におっしゃった。支配というと怖い感じがしますが、聖書の神は愛だとありますから、それは地を耕すことに始まるようなこの世界をケアするために働けということだと思います。なので僕はクリスチャンが活発になることは良いことだと考えているんです。

さてその根拠になる神は存在するかどうかということですが、僕は40年以上前からそれを信じる人になりました。

気がついたら演説をしていてごめんなさい。本題は昨晩の千葉県人会が楽しかったということです。

突然どうしてPASCOかと言いますと、昨晩参加してくださった方のなかにこのコマーシャルで「キャベツいる〜!」と叫んでいる方がいらっしゃったからです。もはやアリシアの森のヘビーユーザーなのですが、その方は俳優で落語家の露のききょうさんです。

ところでクリスチャン云々でどうして県人会なんですか?と言われれば僕もどうしてかはわかりません。ただわかる必要はないと思います。人生わからないことがあるから面白いので、わかることにしか関わらないのだとしたら面白味は半減するように思います。

このわからないところからいろいろな宝が転がり出してきます。関西では会話の途中や終わりに「知らんけど・・・」が登場しますが、人生それで良いと思います。

どれだけ勉強したってそれは今の段階での到達点なだけですから、やっぱり「知らんけど」がつくはずなのではと思ってしまいます。

来月の県人会は山梨に決まりました。どうして千葉の次が山梨なんですか?と言われれば「落花生の次はフルーツでしょう・・・、知らんけど」でございます。山梨県人会は10月10日20時からの予定です。なんで10日なんですかと言われれば「スポーツの日は山登りでしょう・・・、知らんけど」。

ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー