拍手をしました

昨日の午前中にはギンイロヒコーキでのギターレッスンがありました。レッスンを受けたYさんは、ここ3年ほど月に1回ペースで通っています。

いつからかYさんのレッスンでは奏法を教えることよりも、Yさんのオリジナル曲のクリニックをすることが多くなりました。

昨日は新曲を2曲も引っ提げてレッスンに臨んだのですが。その中の2曲目が良くできていて驚きました。

Yさんは元々「生きる」ということに問題意識を持ってますが、この曲の歌詞は丁寧に生きることの中に開けてくる世界を歌っています。そして個人は宇宙大の世界の中に生きていること。さらにその個人は、生き方によっては宇宙大の世界に関わりを持ちながら生きてゆける、というようなダイナミクスを持っています。

歌い終わった時に僕は拍手をしました。Yさんはちょっと驚いた様子で、「先生にかなり影響されているんですよ。ここの歌詞なんかパクリに近いかも・・・」、と嬉しくなるコメントをくれました。

教えることの足りなさを感じることの方が多い自分ですが、昨日はとても嬉しく、そして励まされました。

Yさんにはこういう仕上がりの曲をどんどん作ってもらい、歌って欲しいなあと思います。ほんとうに楽しみですね。