ジュリーが潜んでいる

先日のコンサートを聴かれた方が「岩渕さんの声って時々沢田研二みたいですよね・・・」とおっしゃいました。みなさんはハア!と思われると思うのですが、時々沢田研二さんの声に似る瞬間があることは以前からわかっていました。見た目は「葛飾柴又にバッタが・・・」の方とそっくりですが、声はジュリーにちょっと似てる時があるというわけです。

それにしてもコンサートを聴かれた方からそう言われたのは初めてのことです。その方の耳が良いのと、音の記憶力が優れているんでしょうね。その方はそれから僕を「ジュリー!」と2、3度呼んでくれましたが、まんざら嫌な気持ちはしませんでしたw。

ところで若い頃僕は仙台のイベントプロダクションにお世話になっていたことがあり、沢田研二さんのコンサートを舞台袖で聴いたことがありました。曲の合間に沢田さんがまっすぐ僕に向かって、実際は衣装替えの為に袖に向かって、歩いてこられた時には緊張したのを覚えています。

沢田研二さんとはその後TBSのカフェですれ違ったこともありました。みなさんも時々会ってしまうという有名人がいるのではありませんか。僕の場合一番多く接近遭遇したのは長島監督かなあ・・・。

今週末には久しぶりのソロコンサートがあります(最近はデュエットが多くなったので)。僕の中のジュリーは発揮されるでしょうかね(笑)。

日記, 音楽

Posted by buchi