ベストではなくても

先週は何度かちゃんとしたPAシステムで歌ったので、ギターの音質調整や弾き方のチェックをすることができました。

いわゆる簡易PAだと皆さんに聴こえるようにするのがメインの機材なので、モニターもないことがほとんどです。なので音質や弾き方のチェックをすることが難しくなります。

またモニターがないことで自分自身の音を聴くために、大き目な音で歌い演奏してしまうことが多くなり、結果演奏が荒れるというか雑になってしまうということも起きます。

しかし先週は何度か良い音で演奏することができたので、いろいろと整えることができました。

ところで簡易PAが悪いわけではありません。やはり音環境に左右されてしまう自分の甲斐性のなさが問題の根本です。

環境がベストではなくても力まずに演れるようにならないといけませんね。

音楽

Posted by buchi