穏やかで風のない日よ来い!

フライフィッシングを始めて1年と数ヶ月が過ぎました。この4月に入ってから釣果がなく、時折「どうしてだ?」と頭を巡らせています。これは3月末のオイカワ。

一昨日は川へ出ようと決め、午前中に数個のフライをタイイングしました。午後になっていざ出陣してみると風が思いの外強かったので、川まで行かずに途中で引き返してしまいました。

僕はオイカワ用の(用のなんてないんだろうけど・・・)柔らかい1番のロッドと、細くて軽い1番のラインを使っているので、風には極めて弱く、キャスティングの時に風でラインが暴れて下手をすると自分を釣ってしまいかねません。フライフィッシングを始めた頃ならば無理して出かけて自分を釣っていたことと思います(汗)。

先日タイイングしたのはグリフィスナットというフライです。グリフィスナットのタイイングはYouTubeで見ることができます。

僕が作りたいのはもう少しあっさりとした、黒っぽいフライです。材料は孔雀の羽とグリズリーという鶏の羽です。この材料でひとつふたつ巻いてみましたが、ちょっとイメージが違いました。黒、黒、黒とかんげていたら「そうだカラスだ!」と閃きました。

実は一時期、道に鳥の羽が落ちていると拾っていたことがありました。その中にカラスの羽があったのを思い出したんです。そこで孔雀の羽をカラスに変えて巻いてみたところイメージに近いものが巻けました。

周辺は材料の羽で、真ん中の針の上の方が孔雀の羽で巻いたもので、下がカラスで巻いたものです。毛のように飛び出しているのはグリズリーです。

はてさてこれにオイカワが興味を示してくれるでしょうか。穏やかで風のない日よ来い!