三陸へひょっこりお出かけを

僕が子供の頃に大ヒットしたテレビ人形劇が『ひょっこりひょうたん島』です。「海をジャブジャブジャブジャブかきわけて〜」で始まる主題歌は当時の子供ならもちろん、大人でも口ずさめた曲です。そのひょうたん島のモデルになったと言われているひとつが大槌湾にある蓬莱島です。今回の釜石訪問ではその蓬莱島に立ち寄る機会がありました。これまで何度も大槌に行く機会はありましたが蓬莱島は初めてでした。

震災で破壊された防潮堤も再建されて、徒歩で蓬莱島まで渡ることができます。灯台が赤く灯っているのが蓬莱島です。

上の写真は山田の復興住宅の横を走り抜ける三陸鉄道リアス線のディーゼル車(試運転)です。下は大船渡の盛駅で撮りました。

釜石での全ての予定を終えた昼食に釜石駅前にある『サン・フィッシュ釜石』の2Fにある『海鮮まえ浜』というお店で、極旨のお刺身をご馳走になりました。

実は以前妻とこのお店の前に立ち「ちょっと高いから止めよう」とスルーしたお店です(汗)。実際にいただいてみると逆にリーズナブルだと思いました。お昼時に行列ができているわけがよくわかりました。

蓬莱島、三陸鉄道リアス線、美味しい海鮮料理と三陸は魅力たっぷりです。ちなみに三陸鉄道リアス線は沿線住民が年に1度乗ってもらえればなんとか経営ができるのだそうです。僕たちが乗るだけでも存続支援になりますね。東北自動車道からの沿岸部への高速もどんどん便利になりますからぜひ三陸へひょっこりお出かけを。

東北応援団 LOVE EAST のサイトへも今回の釜石訪問のレポートをアップしていますのでぜひご覧ください。➡︎ 東北応援団 LOVE EAST

日記

Posted by buchi